白蟻駆除をした人達の口コミを参考にしましょう

白蟻被害を受けると畳や布団まで使いものにならなくなる 白蟻被害を受けると畳や布団まで使いものにならなくなる

要注意!押入れに住み着く白蟻の恐怖

シロアリ

白蟻は押入れにも住み着くこともあります。また押入れに住み着いた白蟻は、布団や畳などへ被害をもたらす可能性があるのですぐに駆除するようにしましょう。また、白蟻に関する知識を付けておくことも重要です。

押入れに白蟻の魔の手が押し寄せる

白蟻は押入れに住み着くこともあるのですか?
日本の建物は木造建築が多いです。またシロアリは湿った木を好んで貪ります。そのため質問者様のようなパターンも珍しくはなく、時に人が住む木造作りのアパートの押入れなどに住み着くこともあります。押入れに住み着く白蟻は、時に畳も食べてしまうこともあるので、放おっておくと押入れから被害が拡大する可能性もあります。
押入れに住み着くとどのような被害が起きますか?
押入れに白蟻が住み着いてしまうと、押入れの中にある布団や毛布が使えなくなってしまいます。布団や毛布の間に白蟻が侵入し、糞などで汚れてしまします。白蟻の侵入は床下からと考える方が多いですが、玄関やベランダからの侵入されている場合があります。そこで対策としては、風通しをよくするために押入れや玄関などを定期的に清掃すると白蟻が住みにくくなるでしょう。私達駆除業者は、専門的な知識を持って対策をすることができるので、不安な方はすぐにでも依頼するようにして下さい。

白蟻の駆除は業者に依頼したほうが確実

白蟻が原因で、アパートを引っ越さなければいけなくなることもあります。白蟻の駆除は早めに業者へ依頼して行なってもらうのが最善の方法といえるでしょう。ここでは業者に依頼したことがある人達の口コミを紹介するので参考にして下さい。

白蟻駆除業者に任せれば大丈夫

床下に潜って隅々まで調査をしてくれました (30代/男性)

私の場合は床下から白蟻に侵入されていました。普段見ることがない床下から侵入されていたので、白蟻の被害に気づくことができませんでした。白蟻駆除業者へ依頼したところ、床下の隅々までチェックし駆除してくれたのでとても助かりました。蟻道という白蟻が通った痕跡のようなものがあると侵入されてる可能性が高いということが分かりました。押入れにも侵入する場合があるようなので、時々チェックしようと思ってます。

目に見えない箇所の調査もしてくれます (20代/女性)

業者の人がターマトラックと呼ばれる機材を使い白蟻がいるかいないか探っていました。ターマトラックを使うことで見えない場所の調査もできるといっていたので驚きました。床下に潜れない作りになっている建物もあるので、その際にはターマトラックを使うみたいです。自分の家も床下に潜れない作りであったため、この機材を使用して調査してくれました。

床下だけでなく部屋の中でも白蟻駆除をしてくれました (50代/男性)

駆除作業を行なってもらったのですが、床下以外にも様々な場所に被害があるようでした。そのため、床下の駆除だけでは完全に駆除することができないといわれました。ケースバイケースのようですが、自分の場合は床下だけではなく部屋の中まで白蟻がいました。しかし、部屋の中も白蟻駆除してくれたのでとても助かりました。また、押入れなども心配なため今度は調査なども依頼しようか検討中です。

白蟻を駆除する業者は被害状況に合わせた、効率的な対処法を心得ています。またその対処法で使える機材なども取り揃えていることから、効率的に駆除することができます。床下や押入れなどに白蟻被害が見られた場合は、白蟻駆除業者へ駆除依頼をしましょう。また、業者を利用した後も、自分でできる白蟻対策を継続しましょう。

TOPボタン