押入れから天井へ~白蟻が進行することで受ける被害~

白蟻被害を受けると畳や布団まで使いものにならなくなる 白蟻被害を受けると畳や布団まで使いものにならなくなる

押入れの白蟻を放置した場合に起こる被害

気づかない内に白蟻は押入れまで進行してくることがあります。木造住宅の押入れに発生した白蟻によって次のような被害が発生します。

木造住宅を襲う白蟻

床下で活動を始める

白蟻は床下から侵入するケースが多いです。時に基礎コンクリートのヒビから侵入することもあります。最初は床下など人の目に触れない場所で木材を貪り続けますが、畳にまで進行してくることがあるのです。畳の下に白蟻がいる可能性もあるので、気になる人は一度畳をすべて取り除いてみましょう。白蟻は畳を食べることもあるので、一箇所だけ畳が妙に凹んでいる場合などはチェックする必要があります。

室内に侵入して様々な食害を引き起こす

白蟻が床下から室内へ進行していくと様々な被害に頭を悩ませることになります。人が歩く通路などが木材で作られている場合は、白蟻の被害によってその床に穴が空くこともあるのです。床がいきなり抜けると危険なため、気をつけておきたいところですね。和室は白蟻の被害を受けうることが多いですが、同じく洋室も白蟻の被害を受けます。またリビングはフローリングになっていることもあるため、白蟻の餌になることがあります。

天井まで侵略されてしまう

床下から侵入した白蟻は、時に天井にまで進行することがあります。押入れの湿気が多いことや風呂場の湿気が常に多い場合などが原因で、天井まで白蟻被害を受けるのです。白蟻が柱などから侵入すると、天井まで一直線なので確実に天井へ到達します。柱にヒビがある場合は、ヒビを塞ぐなどの対策が必須となります。アパートなどで生活する場合は、アパート全体に白蟻被害が出る可能性があるので気をつけるようにして下さい。

白蟻が原因で倒壊する可能性もあります

阪神淡路大震災など、今まで日本では多くの地震被害を受けてきました。阪神・淡路大震災後に災害調査が行われたのですが、行われた調査結果で驚くべき真実が分かったのです。それは、地震被害と白蟻には強い関係があったというものでした。地震によって倒壊した建物の多くは、白蟻被害を受けていた建物だったのです。日本は地震大国であるため、いつ地震被害に見舞われるか分かりません。リスクを回避するためにもシロアリ調査、及び駆除を行なっておきましょう。

TOPボタン